医療
コンサルティング

医療コンサルティング

老後を考えた時、あなたはどのように過ごしますか?
老後生活の課題はやはり、収入、そして健康です。

今、健康寿命を重視した健康維持の方法が注目されつつあります。
病気にかかるリスクを抑えて、介護が必要な期間をできる限り短くしていきたい。
人生100年時代とも言われる現代、老後を楽しみながら、長く健康で過ごしたいと
考える方も多いことでしょう。

「健康寿命」とは、2000年にWHOが提唱した「健康に生活できる期間」。
心身ともに自立しており健康的に生活が送れる状態、病気や体の衰えによる介護が必要ない期間のことを指します。
病気になった時、病院で診断してもらい、薬の投薬を受け治療を行う対処療法、いわゆる「医療システム」が存在します。統計によると平成28年には健康寿命の平均が男性72歳、女性74歳となっています。

さらに、健康寿命を延ばすためには、「食事」「運動」「睡眠」、そして病気にならない身体作り、「未病へ対応できるシステム」が必要ではないでしょうか。

あいアーキテクツは建築設計等これまで携わった医療関係者、研究者と連携し、健康で生活するためのライフサイエンスの研究、開発を行っています。

わたしたちは「健康を維持する新たなるシステム」を推奨し医療関係者と協力、医療コンサルティングを行い、健康寿命を伸ばし健康的に日々を送っていただけるようサポートしていきます。

ヘルスケア / ライフサイエンス

2.水素ガス吸入器 HEiDi

お問い合わせはこちら

※ お問い合わせフォームにてお気軽に資料請求、お問合わせください。

3.健脳食品 Kリゾレシチン