あいアーキテクツの
設 計

あいアーキテクツの設計

 

あいアーキテクツの設計思想

あいアーキテクツの設計思想は、建築を通してクライアントを成功へ導くことです。
私たちは、病院建築、福祉施設、幼児施設を建築するにあたり「コスト」「機能・デザイン性」「可変性」を重要視しています。

コスト

・ 将来を見据えた資金調達
・ 適切な建築単価
・ 建築材料・設備の調整
・ 効率的な工期の短縮

機能・デザイン性

・ 自然環境/光と風に配慮
・ 利用者の導線計画
・ 防災・安全性
・ 職場環境整備
・ 健診施設等施設環境づくり

可変性

・ 柔軟性のある建物
・ 可変病棟への対応設計
・ 設備メンテナンスの自由度

あいアーキテクツの設計思想

あいアーキテクツはクライアントとのワンチームです。

建築デザインを軸に、私たちがコンピューター上に現実と同じ建物の立体モデル(BIMモデル)を構築したり、リサーチのテクノロジーの活用、解析、監理や見積コスト調整、各種申請等の作業にいたるまでサポートを行うことで、クライアントがより現実的にプロジェクトを把握できます。

建築をきっかけに末永いお付き合いができるコンサルティングとしてクライアントの身近で様々な問題に一緒に取り組んでいきます。

建築における難題を解決するチャレンジャー

私たちは建築設計においてのチャレンジャーでもあります。
法的にクリアしなければならない問題、他社で難しいといわれた建築等、様々な課題を抱えるクライアントのご相談を受け、新しい発想力でご期待に添える形でミッションをコンプリートします。

 
この問題解決には、今まで蓄積してきた様々な経験、ノウハウがあります。
そしてこの難題を乗り越える事に充実感を持ち、なによりも達成時のクライアントの笑顔があいアーキテクツのモチベーションとなります。

改修、新築、開業をご検討中の方はぜひ一度、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
 
 
 


・ あいアーキテクツを知る
・ あいアーキテクツが選ばれる理由
・ 建築実例
・ お問い合わせ