太陽の子
南砂町保育園

 

こどもたちの眼差しが溢れた、空間が心地よい保育園へ。キッズデザイン賞受賞。

都会のフィスビル1Fの保育園。子供たちにとっての外部空間の想像と子どもたちの好奇心、想像力を養う空間を演出。

歩行空間を通り、好奇心あふれるパティオホールへ

オフィスビルである硬いイメージの共有空間から、いかに柔らかい保育園のイメージを表現するかがポイントとなりました。エントランスから、ホールに導く枕木調のタイル、隙間から見えるホールは、子どもたちの好奇心をそそり、奥行きのある空間へいざないます。

象徴的なダイナミックなパティオホール

東京都江東区南砂町にある90人規模の保育園です。オフィスビルの1階テナント部分を保育園に改修しました。
パティオホールはこの保育園の象徴的なスペースとなりました。タイル調のクロス、南仏パティオをイメージし、お祭り広場と天空の星空で構成しています。ベンチでは、子どもたちが自由に遊びます。またお母さんたちの集いの場としても利用されています。

運動神経を育む多目的ホール

子どもの運動神経能力は5歳位までに80%形成されると言われています。脳に多様な刺激を与えるよう、保育園ならではのクライミングネットやボルダリング、ダンスや、球技も出来るよう設計いたしました。左側面は割れないガラス貼りでダンスを楽しむことが可能です。また床は転んでも痛くないスポーツ用クッション素材を採用しています。
階段は、閲覧席にも利用できます。またホールの奥には発表会のステージ、や、モニターで厨房の様子をみることができます。お母さんのための料理教室などがおこなわれます。

子どもたちの成長にもダイナミック対応する保育室

3,4,5歳児ゾーンの床を色わけし壁を仕切ることなく広い空間を創造しました。天井高は3m。ダイナミックの空間に木製壁で木立をイメージしています。また、アイディアやコミュニケーションにつながる畳コーナーを設けました。