INFOR
MATION

[経営成長戦略]コロナ禍を生き抜くアイテム

現在のコロナ禍の中、企業として、どのような感染症対策を行っていけばいいか、各社模索していると思います。テレワークの導入、人と人が密を避けて新しい生活様式が求められています。とはいえ、自宅にこもっているわけにもいかず、経済活動も同時進行して行っていかなければならず、その感染症対策として、何をすればいいか思案している経営者も多いのではないでしょうか。

当社は、医療関係の建築設計を数多く行い専門としている中で、各機関のリポートからより積極的な感染症対策を期待できる専門分野で活躍しているオゾン発生器を販売しています。

オゾン発生器

札幌でも新型コロナの感染が大変なことになっています。
今まで医療介護幼児施設に特化した建築コンサルタントとして建物で黒字化のお手伝いをしてきましたが、医療施設では患者数が激減し、介護施設でもクラスターを恐れ職員が離職する、保育所では毎日毎日、除菌に追われているなど経営は悪化していくばかりです。

当社では今回、オゾン発生器やオゾン水による空気と建物内部の除菌を行いさらには光触媒で抗菌する事をパッケージ化しました!
人を介して建物内部に入る新型コロナウィルスを100%シャットアウトすることはとても難しい事ですが内部の人が接する部分や建物内の空気が常に抗菌の状態を保つ事で感染を断つことができます。

オゾン発生器

医療介護幼児施設は免疫力の低い方々が使う施設といえます。
重症化する可能性が高い方を新型コロナウィルスから守るためオゾンの活用を告知していくことが重要だと考えます。

新コロナ感染症における「リスク管理を徹底していくこと」
重要な経営成長戦略の1つです。

オゾン発生器
オゾン発生器製品ラインナップはこちら

詳しくはホームページからお問い合わせ願います。
私たちあいアーキテクツではケース別に一緒に新コロナ感染症対策を考えていきます。
詳しくはお気軽にご相談ください。

札幌、医療・介護施設の専門家 設計、医療コンサルティング事務所 あいアーキテクツ、宮崎聡

INFORMATION一覧

INFORMATION